錦織百済村 不動神楽

近鉄滝谷不動駅、駅舎横に建つ農業倉庫は昭和19年(1944年)、戦後間もなくの頃、ミカンの出荷倉庫として建てられたものだ。

駅名から分かる様に、この駅の近くには日本三大不動尊に数えられる滝谷不動尊があり、古くから28日の縁日には、不動信仰の参拝客とその参拝客を見込ん露天商が800メートルほどの参道沿いさに所狭しと軒を連ねた風景は

昭和40年頃を境に衰退の一途を辿ってきている。

とはいえ土地の記憶は

そう簡単に消え去るものではない。街の要所要所には先人たちが築いてきた工夫のあとが、目を凝らせば、薄っすらとではあるが、確かに存在している。今、時代の流れは速く

効率化や利便性を求める世の潮流の波に村の特性や郷土色といったものが洗い流されようとしている。そうなっていく事が何を意味するのかに気づいている人はほとんどいない。

日本の田舎はこれまで

都会を真似、田舎の良さの

価値を見出すことができないできた。

しかし今、世界の人たちから日本に

求められているものは

田舎を二流、三流の都会に近づけるのではなく

一流の田舎を目指し成長させていくことが求められている。

自分の生まれ育った土地に

誇りを持てないということは

他の土地に生まれ育った人たち

を認めることが難しくなるということだ。

不動神楽は目的のないスペースですが、だからこそ

今の時代が求める物質第一主義ではない

土地と繋がることを最上に

考えることで生み出される

豊かさの産物を共に分かち合える

場に育てていきたいと考えています。

Tsudoi 智慧つなげ

[麻てらす]上映会2018.10.28

月ゆめLive in 不動神楽 2018.0924

山本公成&星子Live in不動神楽

And more...

阿比羅摩那訶倻 戸が開く

歴史とは

歴史を振り返るということは 先人に思いを馳せるということである。 先人はどこからやって来 何を目指し・何を願い・何に畏れ 何を尊び・何に喜びを見いだし そして何を残そうとしたのかを 知ることは 即ち文化を知ることである。・・・

日本の風土と聖地巡礼

【日本の風土と聖地巡礼】日本は四方を海に囲まれた 最も東に位置する国である。 そのカタチは北東(艮うしとら)に伸びる龍体のようである。島は大小合わせて6千8百を超え 陸海合わせると世界で6番目めの 広さを持つ国である。 ・・・

愛・豊かさ・悲しみ

神は裁きはしない 神は愛 この世の中で起こることには 全て意味がある 人は良いことが起こると運が良い 悪いことが起こると運が悪いと考え、ことそれが大きな出来事に繋がることであれば それが突然起こったかのように 捉えるのだ・・・

不動神楽の市

タヅクリ市で取り扱うものは 安全、安心、姿、形の良し悪しによるものではなく 生命力に溢れ、感性を揺さぶり、 本能に響き渡る品物たちである。 私たちは便利さや効率性と引き換えに物を生命力(エネルギー)で捉えるという感覚から・・・

And more...

不動神楽 アクセス

 大阪府富田林市錦織東2丁目16−11
近鉄南大阪線〝滝谷不動駅〟東口正面