紋様・デザイン

紋様はどのように生まれてきたのだろう?又なぜそれを必要としたのだろう?

紋様は記号の羅列ともいえる。

文字を持たない未開の民は

身に纏う衣装に自らの民族の伝統と誇りを織り込み、染め入れることにより、自分達が固有の民族たらしめる存在意義を示してきた。

我々の祖先は古代

トーテムとしての表現を紋様として用いた。

ナスカに残る地上絵はまさに

そのことを今に伝える。

それが時代をへて、家紋となり

苗字へと移り変わってきたのだ。

人間の目には見えない意識の層を

現実の世界に上げてきたものが紋様であり、それが文明社会において、言語化されていったのであろう。

言うなれば紋様・記号・デザイン

それらは人間がより良く生きていく上での目的となるものをカタチ化していったということに

他ならない。

デザインは見えない意識の世界を

現実化し

多くのコトバを使わずとも

一瞬にして人々の想像力を掻き立てる想像のタネである。

彼のデザインは

光の粒子がカタチ化・言語化され表出してきたものを練り直し

人々の感性の扉を開くという目的

へといざなう。

デザインは自分を整理し、単純化することで、自分の働きが明確になり、それが力となり進むべき方向へと舵をきる手助けとなる。

Tsudoi 智慧つなげ

[麻てらす]上映会2018.10.28

月ゆめLive in 不動神楽 2018.0924

山本公成&星子Live in不動神楽

And more...

阿比羅摩那訶倻 戸が開く

歴史とは

歴史を振り返るということは 先人に思いを馳せるということである。 先人はどこからやって来 何を目指し・何を願い・何に畏れ 何を尊び・何に喜びを見いだし そして何を残そうとしたのかを 知ることは 即ち文化を知ることである。・・・

日本の風土と聖地巡礼

【日本の風土と聖地巡礼】日本は四方を海に囲まれた 最も東に位置する国である。 そのカタチは北東(艮うしとら)に伸びる龍体のようである。島は大小合わせて6千8百を超え 陸海合わせると世界で6番目めの 広さを持つ国である。 ・・・

愛・豊かさ・悲しみ

神は裁きはしない 神は愛 この世の中で起こることには 全て意味がある 人は良いことが起こると運が良い 悪いことが起こると運が悪いと考え、ことそれが大きな出来事に繋がることであれば それが突然起こったかのように 捉えるのだ・・・

不動神楽の市

タヅクリ市で取り扱うものは 安全、安心、姿、形の良し悪しによるものではなく 生命力に溢れ、感性を揺さぶり、 本能に響き渡る品物たちである。 私たちは便利さや効率性と引き換えに物を生命力(エネルギー)で捉えるという感覚から・・・

And more...

不動神楽 アクセス

 大阪府富田林市錦織東2丁目16−11
近鉄南大阪線〝滝谷不動駅〟東口正面